オフィシャルショップOfficial Shop

リアライン・チェア(ブラック・オレンジ・グリーン) 

¥11,000 SOLD OUT

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※送料は別途発生いたします。詳細はこちら

送料について

この商品の配送方法は下記のとおりです。
  • 全国一律

    全国一律 ¥1,500

※¥20,000以上のご注文で国内送料が無料になります。

再入荷通知を希望する

再入荷のお知らせを希望する

年齢確認

再入荷されましたら、登録したメールアドレス宛にお知らせします。

メールアドレス

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「lifeblood.jp」を許可するように設定してください。

再入荷のお知らせを希望する

再入荷のお知らせを受け付けました。

ご記入いただいたメールアドレス宛に確認メールをお送りしておりますので、ご確認ください。
メールが届いていない場合は、迷惑メールフォルダをご確認ください。
通知受信時に、メールサーバー容量がオーバーしているなどの理由で受信できない場合がございます。ご確認ください。

折返しのメールが受信できるように、ドメイン指定受信で「thebase.in」と「lifeblood.jp」を許可するように設定してください。

リアライン・チェアの期待される5つの効果

1.骨盤の安定化
リアライン・チェアは座っているだけで骨盤が安定化
特殊な座面と背もたれによって、座っているだけで坐骨を誘導し、骨盤後面の仙腸関節を密着させる作用があります。仙腸関節が密着するということは、骨盤の上部が中央に寄ってくることを意味し、骨盤上部の幅が細くなることが期待されます。
使用開始直後は座面の凹凸に違和感があると思いますが、これは同じ坐骨でも、普段使い慣れた椅子と違う部分を支えるようになっているためです。しかしそのことによって坐骨が最適な位置に誘導されていき、数分もすればその違和感は消失していきます。

2.腰部・股関節周囲の筋のリラクゼーション
仙腸関節の安定によって骨盤周辺の筋肉がリラックス
仙腸関節が安定すると、腰や股関節など骨盤の周囲の筋肉は自然に弛んで、柔らかくなってきます。その結果、長時間座っていなければいけない場合でも腰の筋肉が弛んだ状態が保たれて、疲労を抑え、快適に過ごすことができるようになります。
骨盤周囲の筋肉が弛むと、股関節から脚にかけての血液やリンパの流れが改善し、足先までの血の巡りがよくなります。このことより、むくみ対策や冷え対策としてもご使用いただけます。血液やリンパの流れが改善されることで、長時間座った直後からスムーズに歩き始めることができ、高齢者の立ち上がり直後の転倒予防への活用も期待されています。

3.体幹筋の活動を促進
座るだけで体幹筋の活動を促進
座面の適度な揺れにより、体幹筋は休むことなく活動することになります。長時間のオフィスワークでも体幹筋を活動させ続けることになるため、代謝を上昇させて、エネルギー消費を増大させる効果が期待されます。

4.骨盤底筋の活動を促進
骨盤底筋は尿道・肛門などを締める役割も果たし、筋力が低下すると失禁を引き起こします。リアライン・チェアは、座面の凹凸により骨盤底筋が軽く圧迫された状態になるため、せきやくしゃみなど日常で起こる骨盤底筋の活動を常にモニターすることができます。意識的に骨盤底筋をコントロールしやすい状態を作り出すことで、排泄機能の衰えを防ぐことができます。

5.骨盤底筋の癒着を発見
リアライン・チェアで骨盤底筋の癒着を発見
骨盤底筋への圧迫により骨盤底筋に痛みが生じる場合は、骨盤底筋に癒着が生じている可能性があります。このような癒着は将来尿もれや臓器下垂感といった骨盤底の問題に繋がる可能性があり、早めのケアをお勧めしております。エクササイズのみでは解決できない場合が多く、「骨盤底筋に対する組織間リリース」という治療技術を獲得したセラピストの治療を受けることをお勧めしています。


〜こんな方におすすめ〜
1.オフィスワーカー
2.受験生
3.車や新幹線の移動で腰に負担を感じる人
4.長時間の移動でコンディションを乱しやすいアスリート
5.座っているときに増強する腰痛や仙腸関節痛に悩む方
6.妊婦の方、産後の方(授乳がつらい方を含む)

~サイズ~
使用時(約)
高さ:25.5cm
幅:36cm(メッシュ生地含む)
奥行:35cm
~折り畳み時(約)~
高さ:8㎝
幅:30.5㎝
奥行:26.5㎝
重量:約1.5kg(量産後に確定)
 
 
~リスク・禁忌・重要事項~
以下の方はリアライン・チェアの使用を中断・控えるようお願いいたします。
1.骨盤底に傷、損傷、骨折、筋損傷、感染症などがある方
2.出産直後(自然分娩)で骨盤底筋に損傷がある方
3.骨盤内の内臓に異常のある方
4.重度な仙腸関節障害、腰椎椎間板ヘルニア、腰椎すべり症などのある方
5.その他、リアライン・チェアに座ったときに強い痛みや不快感のある方